鳥羽市立 海の博物館 Toba Sea-Folk Museum 海女海道(南鳥羽)の憩いの空間

| ENGLISH | CHINESE | KOREA |
海の博物館は、
特別展
特別展メインイメージ
2019年、海をテーマに、さまざまな特別展示や企画展を行っています。
企画展『漁村コレクション ギョコレ!~海辺のおしゃれ』
漁村コレクション ギョコレ 海辺のおしゃれ
会 期
2019年4月19日(金)~2019年7月7日(日)
※会期中の休館日は6月26日~30日
場 所
海の博物館 特別展示室

服は身を飾り、保護するだけでなく、身につける人の志向や生活スタイルなどがあらわれ、仕事着にはその職業ならではの機能美が備わることもあります。例えばドンザと呼ばれる漁師が防寒着にした木綿の着物には、生地を丈夫にし、補修するために刺し子が施され、時には芸術的な文様を作り出すこともありました。
 ”ハレ”の場である祭礼においては、自然の恵みと厄災をもたらす神へのおごそかな祈りを、白装束であらわすこともあれば、色とりどりで華美な装束・道具を用いて海神を喜ばせようとする場合があります。そこには長年をかけ育まれてきた、人と神仏との関係性や自然に対する意識が垣間見れます。
 本展は、漁村における”ハレ”と”ケ”の場(生業・日常生活・祭礼)に使用された数多くの衣類を通じ、海辺で暮らす人びとの生活の様子と、その移り変わりを知っていただくべく企画しました。


①漁師のよそおい

  ドンザ、ワタイレ、ジバンほか漁師の装束(男性・女性)
海女の装束(イソテヌグイ、イソギ、イソナカネ、ウェットスーツ)

ヒキマワシ(道具を入れる小袋)、アバリツボのうち装飾をほどこしたもの

②くらしの衣服

  男性の普段着・野良着
女性たちの日常着・野良着
子どもの装束、戦時中の学童用品
消防団の装束、商家前掛け、法被など職業やそのほかの暮らしにかかわる装束

③祭りのいろどり

  大漁を記念して関係者に配布する着物の”万祝”、初節句の祝い織。
博物館所蔵の鳥羽市、志摩市内祭礼・儀式衣装(坂手島棒練り、二船祭り漕ぎ手装束と練習用装束、トトツリアイ若衆装束)
松阪市猟師町:かんこ踊り装束、紀北町島勝浦:カマス祭り三番叟装束、尾鷲市梶賀浦:ハラソ祭り羽刺装束、熊野市:木本祭り六法行列ヤッコ装束


企画展『第五福竜丸』
第五福竜丸
会 期
2019年4月12日(金)~6月25日(火)
場 所
海の博物館 ギャラリー

4月にリニューアルオープンした東京都立第五福竜丸展示館より、第五福竜丸を紹介した展示パネル、当時使われていたガイガーカウンターや死の灰をお借りし展示します。また当館が所蔵する元乗組員大石又七氏が制作した第五福竜丸の模型や海図も合わせて紹介します。





【ビキニ事件・第五福竜丸のひばく】

第五福竜丸は195431日、アメリカがマーシャル諸島ビキニ環礁でおこなった水爆実験に遭遇、放射性降下物「死の灰」をあびて被ばくしました。乗組員23人は急性放射線障害で入院、第五福竜丸のマグロは放射能に汚染されていたため廃棄されましたが、南の海から戻るたくさんの漁船からも汚染マグロがみつかり大騒ぎとなりました。アメリカはこのとき6回の水爆実験をおこないましたが、5月半ばからは全国各地に放射能で汚染された雨がふり実験中止、原水爆反対の声がひろがりました。被ばくから半年後には、無線長の久保山愛吉さんが40歳で亡くなりました。
特別展
『クジラはアートだ!』(仮称
クジラはアートだ マッコウクジラ歯の彫刻
会 期
2018年7月~予定
※会期中の休館日はありません
場 所
海の博物館 特別展示室
クジラは大人にも子どもにも根強い人気がある生きもの。ヒゲや歯、骨などで民芸品や生活用具、嗜好品、祭礼用具が作られ、日常的な暮らしや信仰などとともに密接に結びついてきました。

大漁鯨のにぎわひ  歌川国芳「大漁鯨のにぎわひ」歌川国芳

付属イベント ①

シンポジウム「わたしがクジラを好きなワケ(仮称)」

8月予定

参加費
      
場 所
海の博物館 映像ホール

研究者やアート作家、など異なるそれぞれの立場から、クジラについてお話いただきます。

付属イベント②

料理教室「日本の食文化 クジラ料理」

9月予定

参加費
2,500円   
場 所
海の博物館 体験学習室
クジラ料理を2,3品調理します。

※ほかにも付属イベントを多数実施します。いましばらくお待ちください。

助成:船の科学館・海の学びミュージアムサポート
編み師203gow企画展「鳥羽の編んだ~SEAわ~るど」
編み師203gow 鳥羽の編んだ~SEAわーるど編み師203gow
会 期
2019年7月5日(金)~9月29日(日)
アーティスト
編み師203gow
世の中すべて編み物にみえ、なんでも編んでしまう編み師203gowさん。海の博物館のギャラリーに編み物で鳥羽の海を再現していただきます!


ワークショップ

「ミニミニあみたまクラゲを作ろう!」

2019年8月23日(金)①10:00~12:30 ②13:30~16:00 (各回先着20名)
各時間帯事前予約が必要です。所要時間30分~50分 午前の部は12時まで、午後の部は15時までにギャラリーにお越しください。

参加費
1000円(入館料こみ)
講 師
編み師203gow(現代アーティスト)

編み師203gow 編みクラゲを作ろう 

特別展『鳥羽の離島~坂手島』(仮称)
坂手島
会 期
2019年12月ごろ予定
※会期中の休館日2017年12月26日(火)~12月30日(土)
場 所
海の博物館 特別展示室
鳥羽市の離島坂手島にのこる古写真など

アバリツボとアバリ

昭和33年ごろの坂手漁港

網の修繕

過去 特別展&企画展&写真展