「海神饗宴~三重の海の祭り」阪本博文写真展

会期:2012年9月28日~2013年1月14日
会場:海の博物館 特別展示室とギャラリー


 近年、日本人の海に対する想いが、薄れつつあるようにおもえる。言い古された言葉であるが、四面環海の日本列島、その海辺の村から若者が去りつつある。
 若者が去って、海辺の祭りは一つづつ消えて行く。祭りはノスタルジ-でもイベントでもない。祭りは海辺の共同体が、明日と未来の繁栄のためにする願いなのだ。だから海の神々との饗宴に、惜しみなく御酒と馳走を献じ、歌舞音曲を演じる。そのエネルギ-に感じて、神々は大漁をもたらし災厄を除いてくれるのだ。饗応する海民たちも、神々と席を同じくして饗宴を楽しむ。これが祭りである。 阪本さんの写真は、目に見えぬ海神が眼前に居るかの如く、自分も参加しているように、饗宴する人々の姿を温かく捉え続けてきた。
 博物館の仕事の一つは、記録資料を残すことであるから、20数年数万点と推定される阪本さんの写真の存在を知り、この写真展を企画した段階では、消え行く祭りの記録を中心とした展示を考えていたが、その考えは捨てた。阪本さんの写真の一枚一枚が、決して祭りは消えることがないと、伝えているからだ。 
 

 
     
鳥羽市答志町 神祭   紀北町海山区 島勝神社 かます祭 尾鷲市梶賀 ハラソ祭 
鳥羽市答志町 答志の神祭 紀北町海山区 島勝神社
かます祭
 尾鷲市梶賀 ハラソ祭
     
  シンポジウム『三重は海の祭りの宝庫』
日 時:2012年11月3日(土)午後13時30分~15時30分
場 所:海の博物館 映像ホール
定 員:90名(要予約) 当日参加費入館無料
申込み:海の博物館 0599-32-6006

パネラー:阪本博文(写真家)
    :福島玲子(エッセイスト、テレビディレクター)
    :前田憲司(皇學館大学講師、祭りウォッチャー)
コーディネーター
    :石原義剛(海の博物館館長)

シンポジウム チラシPDF

   
 
     

阪本博文プロフィール

1952年伊勢市生まれ
1987
年フリーカメラマンとして独立以来、地域の祭、民俗、風土などを中心に撮影活動中。2004年三重の祭の写真集「晴れやかな持続へ」を発刊、同題の巡回写真展も開催。'05年より伊勢神宮式年遷宮の諸祭行事の撮影を続けている


 鳥羽市神島 ごくあげ
    鳥羽市神島町 ごくあげ 
    『海神饗宴~三重の海の祭り』
第2会場 フォトギャラリー

鳥羽市神島の神事『ごくあげ(御供上げ)』を順を追って紹介しています。
観光イベントではなく、海の神様へ感謝と願いをこめた神事が幾百年も続いてきました。
 



 

Back To Contents