リンダ・デニス展
On Touch: The Sea of MIE〜三重の海に触れて

2018年2月3日(土)〜5月12日(土)


オーストラリア出身で、現在、女子美術大学で教鞭をとりながら、”TOUCH”(タッチ)をテーマに作品作りに取り組んでいるリンダさんは、4年前より三重県の紀北町長島にて、漁網に出会い、手作業で網を編む体験をし、網は多くのより合わせた糸で作られ、そこに人間の絆を感じたといいます。それ以来漁網を使って、触れることのできる大きな作品作りに取り組んでいます。
今回海の博物館の敷地内に新作1点とほか3点を展示します。

リンダデニス展 On Touch: The Sea of MIE 三重の海に触れて 
 

Australian artist, Linda Dennis, presently teaching at Joshibi University of Art & Design, is making artworks based on the theme of Touch. 4 years ago when visiting Kii-Nagashima in Kihoku-cho, Mie Prefecture, after encountering fishing nets and experiencing hand sewing them, she imagined the bonds between people through the many interwoven threads.From then on, she has been making large works from net, which can be touched.



アーティスト:リンダ・デニス

主催:鳥羽市観光協会
協力:タケムラ有限会社



リンダさんと漁網で海女さん 




コンテンツにもどる