伊勢湾の漁


海民の伝統 伊勢湾は豊かな漁場だった。

2130平方キロメートルの広さを有する日本最大の伊勢湾には、

基礎三川の豊かな水が森林から栄養分を運び込み、

藻場を育て、魚介類を育てた。

だから往古から、

多くの漁師が暮らしを立ててきたのだが。

今は衰亡の危機にある。






地曳き網ジオラマ
ウナギ 石倉漁 
ウナギ 石倉漁
 

ノリ養殖の道具
 
旬の魚
伊勢湾では多くの魚介藻類がとれます。







  
                 
海民の信仰と祭り
伊勢湾の漁
志摩半島・熊野灘の漁
志摩の海女
海の汚染SOS
木造船と航海
 
 
展示案内→ 
コンテンツ→