鳥羽市立 海の博物館 Toba Sea-Folk Museum 海女海道(南鳥羽)の憩いの空間

| ENGLISH | CHINESE | KOREA |
海の博物館は、「海民(かいみん)」と呼ばれる漁師さん・海女・船乗り・そして海辺に住む人が、海と親しく付き合ってきた歴史と現在、さらに未来をみなさまに伝える『海と人間』の博物館です。
漁村と海女の文化をまるごと! 学ぶ 体験 買う 食す 海と親しく付き合ってきた海民の歴史と現在、さらに未来をまるっと体験!
海の博物館インターネットご入館割引きはこちら!
展示
体験
ショップ・カフェ
施設案内
リンク
海の博物館の見どころ
志摩の海女
志摩半島には、約660人(2017年海の博物館調査)の海女が今も操業しています。アワビ・サザエ・ナマコ・海藻をとる、女性の素潜り漁は、済州島を中心とした韓国と日本しかありません。「海女文化」をユネスコ世界文化遺産に登録する運動をすすめています。▶こちらをクリック
内藤廣による博物館建築
展示棟を木造としたこと、自然風景を十分に取り入れたこと、ゆったりとした庭園部を設けたことにより、入館者に「あたたかい」博物館を感じてほしいと思っております。設計にあたった内藤廣による新しい時代の博物館建築のはじまりです。▶こちらをクリック
充実の体験イベント
海の博物館では、さまざまな海に関する体験学習プログラムメニューを実施しています。子どもから大人まで楽しめます!特別体験メニューはあらかじめ予約が必要です。▶こちらをクリック
体験 特別体験メニュー・イベント&お知らせ ご予約お待ちしております

2019年 12月

▶12/1  「あばりあみ」でクリスマスオーナメントを作ろう!
要予約
▶12/7 村林新吾先生料理教室「旬の魚で蒸し料理」要予約
2020年1月11日(土)に変更になります
▶12/8 海女学講座Ⅱ
~世界も注目する里海とそこで暮らす海女
▶12/15 海女学講座Ⅱ~海女集落の景観特性
▶12/22  坂手島展示解説 
▶12/26
 ~30
 
定期休館日
▶12/31  魔よけのいわし「アラクサ」プレゼント 
▶12/8,
14,15,21,
22,31 
クラフト体験実施
「クリスマスシェルキャンドル」
「ジェルキャンドル」「海藻ストラップ」など

2020年 1月

▶1/1~5 お正月クラフト体験ほか
▶1/1~3  焼きガキ販売 
▶1/7  海の七草粥おふるまい~無病息災を願って
▶1/11  村林新吾先生料理教室「旬の魚で蒸し料理」要予約 
▶1/12  坂手島展示解説  
▶1/12  海女学講座Ⅱ
▶1/19  カキむき体験と簡単カキ料理 
▶1/26  昔の道具で海苔すき体験 
▶1/12.13
18,25
クラフト体験実施
「ジェルキャンドル」「海藻ストラップ」など

2020年 2月

▶2/1  村林新吾先生料理教室「海苔で巻物、つみれで椀物」要予約
▶2/2 カキむき体験と簡単カキ料理
▶2/9 昔の道具で海苔すき体験 
▶2/16 カキむき体験と簡単カキ料理
▶2/23  坂手島展示解説  
▶2/22,23 クラフト体験実施
「ジェルキャンドル」「海藻ストラップ」など
  ★2020年3月2日~3月13の間、展示替えのため臨時休館とさせていただきます。

2020年 3月

▶3/1  カキむき体験と簡単カキ料理
★2020年3月2日~3月13の間、展示替えのため臨時休館とさせていただきます。
▶3/14 村林新吾先生料理教室「ダシ」要予約 
▶3/14  海女展示リニューアルガイドツアー 
▶3/15  海女展示リニューアルガイドツアー
▶3/21 海博所蔵アーカイブ映像上映会
▶3/22  坂手島展示解説  
▶3/29  坂手島展示解説 
▶3/22
~31 
春休みクラフト体験実施
「ジェルキャンドル」「海藻ストラップ」など
海の博物館特別展&写真展

次回企画展

「海は大きいなちいさいな」(仮称)
2020年4月~

次回企画展

企画展「青の造形-中央構造線上の漁村空間」
2020年4月11日~2020年7月5日

三重大学海女研究センター 海女 昭和の海女の記録

次々回特別展

「あなたの知らない水産缶詰の世界」(仮称)
2020年7月~

次々回企画展

企画展「漂流海民トバリ族」(仮称)
2020年7月18日~2020年9月27日